ai

記事一覧(12)

基礎に戻る。何度でも。

踊りを学び始まると、しょっちゅう壁にぶち当たります。ぶつからない人はいないんじゃないかな?一度大きな大きな壁にぶつかった時に、それを払拭したくて、がむしゃらにやみくもにいろんなレッスンやワークショップに参加していた時期がありました。その時期にめちゃくちゃ上達したのかな?と思うとそうではない気がします。その時期、私はわりと混乱の中にありました。その経験が自分の財産になっていることに間違いはないのですが、「踊りが変わったね!」と言われるのは、ほぼ間違いなく、ひとつのワークショップの復習にたっぷり時間をかけた時。もしくはインテンシブのように、ずっと同じ期間同じ先生のもとで、学べる体験した時。どちらも、基礎の見直しを伴いながら学びを深めていった時です。というのもベリーダンスって先生によって、スタイルが随分違います。スタイルといっても姿勢や音楽、踊り方だけではなく、思想も含めた部分で、先生の先生、そのまた先生という具合に継承されていくものがあるので、入門や基礎の、姿勢もまだよくわからない、音楽にも慣れていないそんな時期に、あれこれと手を出してしまうと、体も心もものすごく混乱するかと思うのです。自分がこれをやりたい!!この先生のスタイルが好き!!となったら、やはり基礎のうちには、なるべく多くの回数を同じ先生から続けて学ぶのが上達への近道だと私は思います。入門や基礎の頃って、学ぶことが山のようにあって、 まずは音楽に慣れなければならないし、体の動きや動きの名前などの知識的な部分を同時に学んでいかねばなりません。最初できないことを上達せるためには、なにしろ続けること。時に基本的な部分に関しては徹底して続け正しい動きを反復すること。そのためにはなるべく間隔を開けずに同じ先生のレッスンに行くこと。その基礎の蓄積は、何年か後、影にぶち当たった時に自分が立ち返る場所になります。何度でも基礎に戻る。体は変化していくので、その都度、基礎を変化させ、壊してはさらに強固につくりかえ、またゼロからのスタート。基礎はずっと進化させ続けなければならないけれど、それでもやはり壁に当たったときに立ち返る場所です。振りをなぞることは、時間をかければ誰にでもできます。ですが、基礎はそうはいきません。大事な基礎だからこそ、時間をかけて作り上げるのです。

うたかたの月-west-

うたかたの月-west- 、沢山のお客さまにお越しいただき、ありがとうございました。2015年に、NYのBellyQueenCompanyのSilk Road日本公演に出演したときに1週間でショーを共に作り上げた、日本各地のメンバーと、またこんな風に、色んな場所からひとつの場所に集え、一つの作品に関われたこと、本当に楽しかったし、幸せに思います😊東京でカデちゃんと振りを作ったり、神戸集合で高知のちかちゃんとマーシャさんの生徒さんたちと振りを合わせたり大変さもあるけれど、楽しいの方が大きくて。フュージョンから、オリエンタル、フォークロアと、物語を紡ぐ色とりどりのダンサー達(//∇//)サフィーラさんに、カデちゃん、ちかちゃん、LuLuちゃん、アウローラ姉妹、マーシャさん、アサミさん、LuLuちゃんやマーシャさんの生徒さんたち、てきぱきと愛のあるスタッフのゆりえさんやキャサリンさん、みんな本当に凄くて、私、心から尊敬しております。今回の公演には、今、関西に住んでいる昔の生徒さんや、私の地元である島原からも、遠路はるばると生徒さんが観にきてくれて、本当にほんとに嬉しかったです🍀快く出してくれた家族にも、私が煮詰まってたときに助けてくれた友人にも!感謝ばっかりです。おいでくださった皆様、関わってくれた皆さま、本当にありがとうございました(//∇//)

ハリード

色んな可能性が広がった5日間でした。できないこと、まだまだのことも沢山あるけれど、インテンシブやWSを通じて、踊りを踊りたらしめるのはなんなのかが、より深く、より自由に、落とし込めた気がします。あとはいかに、それらの刺激をきっかけに、自分自身の内面や体の使い方に気づいて、体に落とし込んでいけるのかというところ。ぽんと時々でなく、ひたすらに同じ場所で同じ人に師事し繰り返すことでしか気づけないこと、理解に時間がかかることって、絶対的にあるから、スローテンポの学び方しかできない私にとって、こういったインテンシブは、とてもありがたいなぁと思います。それでもやはり、全部は到底持って帰れないけど。ハリードは本当に良い先生で、間違えたらすぐに近づいてきて正しい動きを教えてくれるし、優しく怒ってもくれるし、聞けばなんでも真摯に答えてくれるしフーリアさんの翻訳も毎回素晴らしいから、本当に言葉へのストレスフリーだし、たえかさんの心配りも素敵だし。それなのに、忘れ物しちゃう相変わらずな私。。。。色んなことが未熟でまだまだだけど、でも、ただ言えるのは、楽しかった!!!!ってこと。幸せな日々でした。本当にありがとうございました。

ご報告

私、モナ。今月いっぱいで、”CaravanCarnivalOrientalDance”を卒業することになりました。12月からは独立して長崎市内、島原で活動をしていきます。とはいえ、10年近く所属していたその期間が長く深く、あまりに当たり前に日常に溶け込んでいたので、まだなかなか実感がわかずにいます。先生が創り出すものが大好きで、キャラバンというグループが大好きで、そこに集う人達が温かく優しく、とても居心地が良くて、本当に楽しくて、家族みたいで、ずっとずっとこれから先も一緒にいたいという気持ちが、いまだ、色濃くあるのですが、距離があまりにも離れている先生に、ずっと面倒をみてもらって、何から何まで頼りすぎているという現状に、ずっとこのまま居心地のいい所にいて、”自分”としての成長はあるのかな?と、ここ数年ずっと悩んでいて、なにかしら壁にぶつかり凹むたびに、カオリ先生に相談させてもらっておりました。先生はその度に、温かく真摯に丁寧に答えを返してくださって。そんな面でも結局、甘えちゃう私。。。これじゃ、やっぱりダメだ。と、いつまでたっても甘えられる状況から、自分を追い込むべく、独立という道を選択いたしました。先生も背中を押してくださり、独立が決まったのが7月末なのですが、独立を決めた後も、ずっと不安ばかりで、それを振り払ってはまた不安。ということを繰り返していました。その度に、カオリ先生の励ましや、温かい言葉に触れて泣いちゃったり。独立でトラブルというお話もよく聞く中、カオリ先生のその懐の広さ、本当にありがたいことだと思います。何年経っても自分ののびしろを探し続け、未だに進化しつつける先生。魂が震えるような、人の根底の愛情という部分に訴えかけるような踊り。見ると人が笑顔になる踊り。カオリ先生が先生でよかったと、先生の踊りを観るたびに感じます。体作りのベースをカオリ先生が作ってくださったこと、基礎の大切さを教えてくださったこと。カオリ先生のおかげで、この体は、私の財産になりました。私もカオリ先生が教えてくださったような、ベリーダンスが人と人とを繋ぎ、みんなが笑顔になるような踊りやレッスンを、行っていけたらなぁと思います。一緒に踊ってくれた、各地のキャラバン娘の皆様も、いままで、本当にありがとうございました。また、一緒にどこかで踊れたらと思います。新しいチーム名は、Apsaras Caravan ( アプサラス キャラバン )私も含めメンバーみんなキャラバンへの愛が強く、名前だけでも!!との強い要望で、先生のご厚意で名前を半分だけ頂きました。新しい旅が始まります。小さなチームですが、メンバーみんなで温かく笑顔を繋いでいけたらと思っておりますので、これからもよろしくお願い致します。

ハディア

ようやく体調が通常モードに戻りました。いつもはすぐ取り掛かる、落とし込みの時間。間が空いちゃったけど、それでも鉄は熱いうちに!大阪での解剖学のノートを開いて、清書しなおし、手元の解剖学の本と、ピラティスティーチングの本、バレエ解剖学の本を開いて、頭で理解してきたバラバラのパーツパーツを繋ぎ合わせる。それから、いっぱい動いてみる。ハディアは、「きちんと体のことを、学んだことのない指導者が、ちょっとだけかじって理解したつもりになって、指導のときに筋肉の名前を簡単に使うのは、絶対にダメ。生徒さんに誤解を与える、とてもよくないことだ。」って言ってて、私もこれには、本当に同意。体はうまいこと出来過ぎてて、そしてその繋がりは複雑すぎる。去年、私はピラティスのインストラクターの資格を取るためにひたすら解剖学と運動生理学の勉強に明け暮れていました。骨格や筋肉の名称と筋肉の起始停止やその働きを、死に物狂いで暗記して、なんども迷宮入りして。そして、沢山のこと、確かなものを学びました。それは間違いなく、私の中に財産として溜まっていて。でもね、頭では知ってるけど、じゃあ、それがどういうことなのか?ってことを、トータルで具体的にきちんと理解するところまでは、いけてなかったのだと思う。今回のWSで、本当にいろんなことが繋がったの!ヘレンケラーの、「Water!!!!」みたいに。面白くておもしろくて仕方がなかった。すとんと腑に落ちること、目からウロコのこと、いっぱいあった。なるほどだらけ!!振り返れば、やはりどっちも必要な時間だったなぁと思います。それでも、まだまだ知らないこと、わからないこと、学ぶことは沢山!!体は混沌としたなかに、バランスと美しさと秩序があって、まるで宇宙みたい。ベリーダンスの解剖学の勉強にいったけど、ピラティスに活かせる部分も沢山あったし(*^_^*)これからの自分の体の変化がまた楽しみですさあ、がんばります!!

フォークロア週間

自宅のスタジオでストレッチしながら、東京でのショーのことや、一週間のフォークロアレッスンのことを改めて噛み締めたら、ストレッチどころじゃなくなり、音楽をかけて踊りまくってしまいました(≧∇≦)ここ数年、フォークロアに関しては機会をみつけてはエジプトの先生の元に学びに行っています。エジプトのフォークロアを学ぶことができるのは、やはりエジプトの先生にのみだからです。日本人はエジプト人にはなれないけど、近くでそのフィーリングを感じることができるという経験は、私にとってはすごく大切なこと。色っぽいと思う表現も違う。可愛いと思う仕草も違う。でも、そんな歴史や土壌の違いからくる文化の違いを知るということは、まさしく"異文化に触れる"ということで、その辺りも含めて私はフォークロアを学ぶのが好きなのだと今回の旅で気づきました。こと、今回のレッスンはアラビア語で進められるシーンが多く、文化背景や、その土地のこと、歌詞の内容についても知った上で、レッスン中に会話されるジョークや、飛び出す雑談などを聞きながら進められるクラスは、踊りを通して歴史や文化やその土地を旅しているような不思議で楽しい気持ちになれました。Nasraのサガットのプライベートレッスンでは、音楽に合わせてサガットを鳴らす楽しさを改めて教えてもらいました。明るく、チャーミング。優しく気配りも上手でジョークが好きなNasra。そして、私の大好きな先生Lubnaの弟さんであるOsama。優しく厳しく、コミカルなようで威厳があり、細やかに一人一人を見て下さるとても素晴らしい先生でした。レダ舞踊団のフォークロアとはまた違った、より土着的なカウメイヤ舞踊団のフォークロア。私がエジプトの白黒映画の中でみた、あのキュートで味わいのあるフィーリング。また、新たなフォークロアの一面を沢山学ぶことが出来ました主催のラティーファさん、SHURUさん、また色々と細やかに気を配って下さったスタッフのみなさま。素敵な学びの機会をありがとうございました。