ご報告

私、モナ。

今月いっぱいで、

”CaravanCarnivalOrientalDance”を

卒業することになりました。


12月からは独立して

長崎市内、島原で活動をしていきます。

とはいえ、10年近く所属していた

その期間が長く深く、

あまりに当たり前に

日常に溶け込んでいたので、

まだなかなか実感がわかずにいます。


先生が創り出すものが大好きで、

キャラバンというグループが大好きで、

そこに集う人達が温かく優しく、

とても居心地が良くて、

本当に楽しくて、家族みたいで、

ずっとずっとこれから先も

一緒にいたいという気持ちが、

いまだ、色濃くあるのですが、

距離があまりにも離れている先生に、

ずっと面倒をみてもらって、

何から何まで頼りすぎているという現状に、


ずっとこのまま居心地のいい所にいて、

”自分”としての成長はあるのかな?と、

ここ数年ずっと悩んでいて、

なにかしら壁にぶつかり凹むたびに、

カオリ先生に相談させてもらっておりました。


先生はその度に、

温かく真摯に丁寧に

答えを返してくださって。

そんな面でも結局、甘えちゃう私。。。

これじゃ、やっぱりダメだ。と、

いつまでたっても甘えられる状況から、

自分を追い込むべく、

独立という道を選択いたしました。


先生も背中を押してくださり、

独立が決まったのが7月末なのですが、

独立を決めた後も、

ずっと不安ばかりで、

それを振り払ってはまた不安。

ということを繰り返していました。


その度に、カオリ先生の励ましや、

温かい言葉に触れて泣いちゃったり。


独立でトラブルというお話もよく聞く中、

カオリ先生のその懐の広さ、

本当にありがたいことだと思います。


何年経っても自分ののびしろを探し続け、

未だに進化しつつける先生。


魂が震えるような、

人の根底の愛情という部分に

訴えかけるような踊り。


見ると人が笑顔になる踊り。


カオリ先生が先生でよかったと、

先生の踊りを観るたびに感じます。

体作りのベースを

カオリ先生が作ってくださったこと、

基礎の大切さを教えてくださったこと。


カオリ先生のおかげで、

この体は、私の財産になりました。

私もカオリ先生が教えてくださったような、

ベリーダンスが人と人とを繋ぎ、

みんなが笑顔になるような踊りやレッスンを、

行っていけたらなぁと思います。


一緒に踊ってくれた、

各地のキャラバン娘の皆様も、

いままで、本当にありがとうございました。

また、一緒にどこかで踊れたらと思います。


新しいチーム名は、

Apsaras Caravan

( アプサラス キャラバン )

私も含めメンバーみんな

キャラバンへの愛が強く、

名前だけでも!!との強い要望で、

先生のご厚意で名前を半分だけ頂きました。


新しい旅が始まります。

小さなチームですが、

メンバーみんなで温かく

笑顔を繋いでいけたらと思っておりますので、

これからもよろしくお願い致します。

0コメント

  • 1000 / 1000