基礎に戻る。何度でも。

踊りを学び始まると、

しょっちゅう壁にぶち当たります。

ぶつからない人はいないんじゃないかな?


一度大きな大きな壁にぶつかった時に、

それを払拭したくて、

がむしゃらにやみくもに

いろんなレッスンやワークショップに

参加していた時期がありました。


その時期にめちゃくちゃ上達したのかな?と思うとそうではない気がします。


その時期、

私はわりと混乱の中にありました。


その経験が自分の財産に

なっていることに間違いはないのですが、


「踊りが変わったね!」と言われるのは、

ほぼ間違いなく、


ひとつのワークショップの復習に

たっぷり時間をかけた時。


もしくはインテンシブのように、
ずっと同じ期間同じ先生のもとで、
学べる体験した時。

どちらも、
基礎の見直しを伴いながら
学びを深めていった時です。


というのも

ベリーダンスって先生によって、

スタイルが随分違います。


スタイルといっても

姿勢や音楽、踊り方だけではなく、

思想も含めた部分で、


先生の先生、そのまた先生という具合に

継承されていくものがあるので、


入門や基礎の、

姿勢もまだよくわからない、

音楽にも慣れていないそんな時期に、

あれこれと手を出してしまうと、

体も心もものすごく混乱するかと思うのです。


自分がこれをやりたい!!

この先生のスタイルが好き!!となったら、

やはり基礎のうちには、

なるべく多くの回数を同じ先生から
続けて学ぶのが上達への近道だと
私は思います。


入門や基礎の頃って、

学ぶことが山のようにあって、

まずは音楽に慣れなければならないし、

体の動きや動きの名前などの

知識的な部分を同時に学んでいかねばなりません。


最初できないことを

上達せるためには、なにしろ続けること。


時に基本的な部分に関しては

徹底して続け正しい動きを反復すること。


そのためにはなるべく間隔を開けずに

同じ先生のレッスンに行くこと。


その基礎の蓄積は、

何年か後、影にぶち当たった時に

自分が立ち返る場所になります。


何度でも基礎に戻る。


体は変化していくので、

その都度、基礎を変化させ、

壊してはさらに強固につくりかえ、

またゼロからのスタート。


基礎はずっと

進化させ続けなければならないけれど、

それでもやはり壁に当たったときに

立ち返る場所です。


振りをなぞることは、

時間をかければ誰にでもできます。

ですが、基礎はそうはいきません。


大事な基礎だからこそ、

時間をかけて作り上げるのです。

0コメント

  • 1000 / 1000