変わるものと変わらないもの

正しいことは
変わりつづけていく。

クラシックスタイル、
もしくは古典というものは、
その古典的な
様式美を愛するという
スタイルなのだと思う。

音楽も古典と言うが、
そもそも古典の音楽などは、
ほとんどなくて、

本当の意味で正しく残っている
フォークロアも、
実は無いに等しいのだと、

どちらもその専門の先生の
お話を伺ったことがあるが、

しかし、
新たに作られたものを古典とし、
そこに愛を持って、
繰り返し繰り返し重ねられたものは、
やはり名作となり後世に残りゆく
古典となりうるのだろうと思ったり。

でも思うに、
古きを残していくためには、
別ルートで平行して新しいものを
求めないといけないと思うのよね。

それは、
なんも矛盾しないと思う。

固執は視野を狭める。

0コメント

  • 1000 / 1000